Tags

, , , ,

トルコや韓国のテキスタイル会社目立つ

PREMIERE VISION Spring Summer 2013 New York Preview

Vivid colors, supernatural flower prints, colorful stripes, soft denim, pale colors, pearl dust, lots of lace, especially lame lace were the key textiles in the tradeshow.

パリより1ヶ月早く、2013年春夏プルミエールビジョンプレビュー展が、1月10日と11日にニューヨークで開催された。今回はトルコ特別参加が企画され、トルコのテキスタイル会社の出展が多い。特にアラブ人や韓国人が目立ち、韓国のテキスタイル会社の出展も多かった。インディゴプリント展も同時開催された。

今期の特徴は花柄プリントやラメレースなど、フェミニンでガーリッシュな傾向。レースなどのシースルー素材が多く、パールコーティングの素材もフェミニンだ。プリントは押し花調の癒し系花柄が新しい。また幾何学模様にパターン化されたアニマルプリントが目立つ。アジア市場に合いそうな、カラフルストライプやチェックもある。素材的にはクレープなどやわらかさを強調したものや、ワッシャー加工の薄手ジーンズなどインディゴ系も人気。メンズではワーキングデニムがテーマの一つで、ストライプデニムが新しい。デニムとレースがキーワードだ。

色はピンクやパープル、カーキなどのペールカラーが目立つ。サーモンピンクやグリーン系のビビットカラーもある。インド、ブラジル、アラブ市場が強いため、カラフルな傾向が続いているが、全体ににごりのない、ピュアーなきれい色が特徴。さらにメタリックブルーなど、光沢感のあるカラーがハイテク感を強調している。会場全体にエネルギッシュな雰囲気が漂い、景気回復を反映して来場者が増えた。新しい経済発展国の参加も、元気を与えている。